本文へスキップ

国語専門塾は国語教育(読書・作文・受験)を専門にした塾です。

TEL.03-6874-8830

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2丁目

小論文の書き方(医歯薬、看護、文系、理系、等)HEADLINE

小論文「思考を深める2」良質な問いを発する


思考を深める際のコツ、第二弾です。

二、高い問題意識に根ざした「良質な問い」を発する。

小論文の成り立ちは、大まかに分類すると「問い」「答え」「根拠」になることを小論文の基本でお話しましたが、この中で、思考を深める際、一番大切になるのは「問い」なのです。

「問い」が優れていて面白いものであれば、半ば自動的に独自性が高く面白い「答え」が書けるようになります。逆に「問い」がありふれていて陳腐なものだと、「答え」も月並みなものになってしまいます。

課題文型の問題(長い課題文が与えられ文章を読解した上で解答する問題)では、「問い」はもともと与えられますので、それほど問題にはなりません。しかし、テーマ型の問題(あるテーマが与えられ自由に書く問題)では、この「問い」の設定が命になります。

たとえば「スマートフォンの普及について思うところを述べなさい」という問いがあったとします。このとき浅い論文は、こう問いを立てます。

「スマートフォンは本当に良いものだろうか」
これが浅い論文の典型です。答えを書きにくいですね。何かもうこう来ると後は「歩きながらいじっている人がいてよくない」だとか「直接人とのコミュニケーションをもっと取るべきである」とかきそうですね。面白くないですね。小学生でも書けそうです。

しかし、これだとどうでしょう。
「スマートフォンの人間関係に与える影響とは何か」
より書きやすくなりました。

もっと深く切り込んでいきますと、こうです。
「スマートフォンが普及することにより、新たに求められる能力とは何か」
「スマートフォンが普及しネットによる情報収集が主体になる際、テレビや新聞の役割とは何か」

こんな感じにクリエイティブに問いを立てていきます。
すると、どんどん答えやすくなるわけです。

ポイントは以下の通り。

   もっと具体的に!

これだけです。勝手に状況を設定してもかまいません。
独創的な「問い」を立てて、それに対する「答え」を出し、そしてそれに「根拠」を与える。

勝手に設定していいんだろうかと思う方。いいんです!
それが論文なのですから。

今、時代はクリエイティブな問いを立てられる人を求めています。


なお、小論文に役立つテキストを用意しています。こちらも参考にしてみてください。
クリエイティブな内容だと思いますよ。

バナースペース


国語専門塾トップ
本物の国語力とは
授業内容について
導入事例・ケース
料金案内
塾概要
入塾手続き

日々の雑感・書評など
国語など名言集
過去の更新記録

 

国語の授業内容の一部公開

授業内容の一部を公開いたします。新たに入塾を検討されている方、国語専門塾に通われている方は参考にしていただければ幸いです。


国語問題の設問別解法(目次)
1、指示語の解釈(初級)
2、指示語の解釈(上級)
3、接続語の補充(1)
4、文の要約(1)
5、心情把握問題を解く
6、空所補充


論理的思考力の養成
1、言い換え
2、
3、因果関係
4、並列
5、論旨の把握
6、文と段落の役割


小論文を極める(目次)

1、小論文の基本
2、小論文の思考の深め方1(深い部分での対立を意識する)
3、小論文の思考の深め方2(良質な問いを発する)
4、小論文の思考の深め方3(時間と空間を広げる)
5、テーマ型小論文の対応
6、課題文型小論文の対応
7、要約の仕方(1)課題文型小論文
8、要約の仕方(2)課題文型小論文 主張の把握
9、要約の仕方(3)課題文型小論文

国語専門塾

〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-4-8

TEL 03-6874-8830

月〜日曜(第5週はお休み)
13:00〜21:00
(電話がつながらない場合は折り返しご連絡いたします)


国語力向上を考える視力障害者の方へ

本ホームページは文字の大きさが12ピクセルを基準としています。国語力向上を目指す方で、本ホームページが見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選び拡大してください。出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、至らない部分はご指摘くださいませ。

国語力向上を考える聴力障害者の方へ

国語力向上、教育コンサルなど、電話でのお問い合わせ時に、聞き取りにくい場合には、その事をおっしゃってくださいませ。電話の音声を高くさせていただきます。

国語力向上を考える四肢障害の方へ

当ホームページは、Tabキー・方向キーおよびEnterキーで項目を選択できます。お問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせください。